• 女優 深田恭子が実践!0円カンタン痩せて健康『白湯ダイエット』

    さむい季節になりましたね。
    こういう時はあたたか〜い飲みものでからだをあたためましょう。
    そこでおすすめしたいのが「白湯」。
    女優 深田恭子さんも飲んでいるという白湯の効果についてまとめてみました。





    白湯とは





    「パイタン・・・?」

    いえいえ、「白湯」と書いて「さゆ」と読みます。

    白湯(さゆ)は、沸騰させた湯をぬるく冷ました飲み物です。
    別名、湯冷まし(ゆざまし)とも呼ばれています。

    インドの伝統医学(アーユルヴェーダ)では、「からだ、自然界はすべて3つの要素(水、火、風)からなる」と考えられています。

    そのなかで、白湯はこの3つの要素を完璧に満たす飲み物だそうですよ!

    白湯を飲むことでからだの3要素が整い、人間は幸せを感じとることができるんだとか。

    じゃあ、具体的に白湯ってからだにどんな効果があるの?


    白湯の効能




    ①血液の循環がアップ!脂肪が燃焼されやすくなる
    白湯を飲むことで、胃腸などの内臓機能をあたためます。カラダの血の巡りがよくなります。内臓温度が1℃上がると基礎代謝も約10~12%上がるので、脂肪燃焼効率がよい=痩せやすい体になるわけです。

    ② 内臓機能が活発→老廃物を排出 
    内臓機能が温められることにより、内臓が活発に働きます。
    そのため、消化作用が促進され、体内の老廃物をどんどん体の外に押し流します。
    老廃物がお掃除されることで、肝臓や腎臓などの機能がさらに活発に。

    ③尿量がアップし、余分な水分を排出
    血液やリンパの流れがよくなり、体内で滞っていた余分な水分を尿として排出してくれます。
    結果、尿量の増加とともに体重も減少。便秘やむくみ解消にも効果が期待できます。

    ④そのほかの効果
    便秘改善、肌荒れ改善、冷え症改善、寝起き良好、むくみ改善など


    あたたかいお湯を飲むだけでこれだけの効果が!
    さすが、インドの伝統医学が言うだけあって、とにかくからだに良さそうですね。
    ポケモンでいうなら・・・


    画像:http://hakuda2.web.fc2.com

    そんな効果バツグンの「白湯」。
    ただ温めれば良いわけでないようです。
    たかがお湯、されどお湯。
    ただしい白湯のつくりかたがあります。





    白湯のただしいつくりかた




    ①やかんを火にかける
    ここはなんでも良いです。フライパンでも。ただ、電子ポットや電子レンジではなくガスや直火で沸騰させることが良いみたいです。

    ②沸騰したら火を止めず10分待つ
    沸騰したら、しばらく火を止めずに10分間火を通し続けましょう。湯に気泡が入ることが重要なんだとか。

    ③カップにお湯を注ぐ
    カップに注いだら、熱々の白湯を飲むのではなく、50度ほど冷めるまで待ちましょう。


    白湯を飲む時は、がぶがぶ飲むのではなく、すするようにチビチビ時間をかけて飲むようにしてください!
    ちなみに、1日に飲むと良い量は、おおよそ800ミリリットル前後
    1リットルいかない程度と覚えておきましょう!


    白湯の効果に深キョンも愛飲



    一時期激太りとも報道された、深田恭子さんですが、白湯ダイエットで組み合わせて、マイナス5kgの減量に成功したようです。

    芸能人のダイエット方法としては、白湯ダイエットはどこにでもある水を温めて飲むだけなのでとっても簡単でリーズナブルですよね。

    白湯はカロリー0ですが、身体を温めることで、白湯一杯(180cc)でジョギング30分(ゆっくりめに走って180kcal)と同程度のカロリーを消費できるとされています。 

    体温を1℃上げると代謝13%も多く上がる、というデータも厚生労働省から発表されており、身体を温かく保つことで、カロリーを消費しやすい体質になることができます。

    白湯を飲むタイミングとしては、起きがけ、食事中、寝る前です。 

    起きた直後は代謝が下がっているため、白湯のような温かいものを飲んだほうが、代謝がアップします。 白湯は胃腸にも優しいので、胃腸が弱い人にも最適です。


    追伸



    白湯は、ダイエット目的はもちろんですが、キレイなカラダをつくるためにも絶大な効果がありそうです。

    日頃の運動、食事とともに、白湯を取り入れることで、さらに大きな効果が期待できそうですね!

    1ヶ月も続ければきっと効果を実感できると思いますので、ただしいつくりかた、ただしい飲みかたを覚えて実践してみましょう!



  • You might also like

    0 件のコメント:

    コメントを投稿

    お気軽にコメントをどうぞ♪