• 医師がおすすめ!カレーダイエットの6つの効果と注意点

    実は痩せられるのが、カレーダイエット。「まさか!」とお思いでしょうが、本当に痩せられます。カロリーが高いと言われるカレーでダイエット効果はあるのか?医者もオススメするカレーダイエットのヒミツを大解剖!





    カレーダイエットで痩せた芸能人



    お笑い芸人バービーは20キロのダイエットに成功!

    ダイエット前のバービーさんは、身長159センチで体重78キロ・体脂肪率が38%。
    そこから朝カレーダイエットを行い85日目には、体重57キロ・体脂肪率20%台になりました。約20キロのダイエットに成功しています。 


    菅義偉官房長官は14キロのダイエットに成功!

    テレビ番組で紹介された朝スープカレーダイエットを見て、ご自身も行った結果、4ヶ月で14キロのダイエットに成功しています。
    当時短期間で痩せたことで、重病説まで飛び交ったそうです。


    この他にも、メジャーリーガーのイチロー選手が健康法としても実践していたことは有名な話ですね。

    医師も推奨するカレーダイエット



    カレーダイエットを推奨しているのが、漢方医学者の丁宗鐵(ていむねてつ)医師です。
    丁宗鐵医師は、東京都日本橋にある百済診療所の院長。現在は漢方専門医として初めての日本薬科大学のトップに就いています。

    著書には、『モーニングカレーダイエットは「リバウンド」知らず』(講談社+α新書)、『「カレーを食べる」と病気はよくなる 』(ビタミン文庫)、『病気にならない 朝カレー生活』 (中経の文庫) などカレーダイエットをお勧めしている様子がタイトル名や出版数からも伝わってきます。

    丁医師が勧めているのが、『朝カレーダイエット』。丁医師自身も朝にカレーを食べて15キロ以上のダイエット(78kg→61kg)に成功しています。

    健康的に無理なく痩せられるという観点からも、丁医師がおすすめする一つの理由になっています。

    朝カレーダイエットとは



    朝カレーダイエットは、文字のままで、朝食にカレーを食べるだけで痩せることが可能なダイエット方法です。2~3日置きに貯食としてカレーを食べます。

    カレーダイエットから派生したダイエットに、朝スープカレーダイエットなどもあります。これが、菅官房長官が実践したダイエットです。

    カレーダイエットの良いところは、美味しく食べ応えのあるカレーなのに無理なく体重を減らすことができてしまうことです。

    朝カレーの6つの効果



    朝カレーをおこなうことで身体に起きる効果とは一体どのようなものなのでしょうか。

     ①新陳代謝アップ
    カレーに含まれるミックススパイス(シナモン、クローブ、ナツメグ)のガラムマサラ、ターメリック、その他、カレーに入っているさまざまなスパイスで自律神経が刺激されることで新陳代謝が上がり、相乗効果で痩せやすい体質になります。

    ②脂肪を分解
    唐辛子(カプサイシン)、ジンジャー、ニンニク、ターメリックには脂肪を分解してくれる作用があるため、既についてしまっている脂肪を分解することでダイエットに期待できます。また、ジンジャーやシナモン、ガーリック、コショウは、交感神経を刺激して、脂肪を燃焼させてカロリーを消費する褐色脂肪細胞を活性化させるとされます。

    ③便秘解消 
    ナツメグやクミンなどには胃腸の調子を整え消化を促す働きがあるため、便秘が解消されます。特にクミンはインドやヨーロッパで胃腸薬として使われてきたほどの効果があります。コリアンダーにも消化を助けたり、腸内のガスを減らしたりする働きがあります。 

    ④野菜がたくさん食べられる
    野菜が苦手でもカレーに入れれば抵抗なく食べられる人もいます。野菜は煮込むとカサが減るため、生野菜と比べてカレー1皿でもたくさんの野菜を摂れますし、茹で野菜などでは失われがちなスープに溶け出した栄養も無駄なく摂ることができます。 
    今では、麺抜きラーメンもあるほどなので、ご飯抜きの野菜カレーもありかもしれませんね。

    ⑤冷え性改善と免疫力アップ
    カレーを食べることで体が温かくなり冷え症の改善や予防に繋がるとともに、免疫力も高まるという利点もあります。 

    ⑥脳の健康にもうれしい効果 
    カレーの出身国インドではアルツハイマー発生率がアメリカと比べ、わずか25%!
    カレーはスパイスの効果によって朝から元気になれるので、仕事効率の向上や、勉強がはかどるなどの効果も期待できます。

    夜は逆効果?



    「一日一食をカレーにすれば良いのなら、夜に食べるカレーダイエットでも大丈夫じゃないの?」
    と思われる方もいるかもしれません。

    晩御飯の方が食べた後の匂いも気になりませんし、しっかり自分で作ることも出来やすいです。
    しかし夜のカレーはむしろ逆効果で体重が増える可能性があります。 

    元々カレーは高カロリーな食事。高カロリーほど、夜の時間帯に食べるとカレーに限らず太りやすくなってしまうでしょう。
    ただカレーを夜に食べても太りにくくなるという方法はあります。それは食べてすぐに寝てしまうのではなく、3時間以上時間を空けてから寝ること。
    これは、消化器官を働かせてある程度消化してから寝ることで太りにくくすることが狙いです。
    しかしながら、これは普通に食べるよりは太りにくいというだけで、毎日食べたら当然太ります。

    追伸


    カレーが好きだという方はきっと多いことでしょう。でも、ダイエットとなると高カロリーだからということで敬遠してしまう方も多かったのではないでしょうか。
    ただ、記事にしたように、時間やタイミングを守ることでダイエットにするための方法として使うことができます。
    ぜひ一度試してみましょう!


  • You might also like

    0 件のコメント:

    コメントを投稿

    お気軽にコメントをどうぞ♪